スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Holly Williams : Three Days In Bed

4618703;encoding=jpg;size=300




この人、すごくいい。



”ダスティー・スプリングフィールドとルシンダ・ウィリアムスをブレンドしたようだ”
とたとえられる彼女。すごすぎるミックス、これは。



何がいいかと言うと、その深みのある声。
そして楽曲のセンス。このセンスはルシンダに通じるものがあると個人的に思う。





2月には3rdアルバムが出るそう。
Without Youという曲を聴いたが、カントリーフレイバーが漂いつつも、
とてもしっとりしていて、それでいて切ない。良い。




たまたま見たこのビデオと曲がお気に入り。
2ndアルバムに入っているのかな。
淡々としてるだけだけど、どこか引っかかる。

なぜかソフィア・コッポラの映画を思い出した。







ギター一本の彼女はすごく美しく映る。

日本では流行ることはないだろうけど、息の長い音楽を作り続けていってほしい。




Girls Aloud : Something New

Girls Aloud Something New


時速200Kmで帰ってきたようなイメージ。


イギリスのオーディションで結成されたガールズ・アラウド。


活動休止して以来の新曲は、テンション振り切れるほどの高揚感。
ぶっとばしてて、すごいアガル。
PVもクール。



I just wanna dance!
こんな曲欲しかった!





José González : Heartbeats

hose.jpg


秋になったので、
秋に聴きたい曲シリーズ第一回。




空から街へ降るスーパーボール。


そして、いつまでも色褪せない絵画のような音楽。
ホセ・ゴンザレス。スウェーデン生まれ。




いつかは忘れたけど、SonyのBraviaのCMで流れた曲。(日本未公開?)
でも、色とりどりなスーパーボールが降ってるイメージだけがいつまでも忘れられなかった。
どこで見たんだろう。


そんな視覚への圧倒的な衝撃に、よくこんなフラットな音楽を絡めたもんだと感心する。



この曲が含まれたアルバムも一貫してフォーク。
で、どこか宗教じみて聴こえるのは自分だけか。彼の幻想的な声のせいもあると思う。




秋には元気いっぱい!みたいな曲より、こういう深みに浸りたくなる。
時が、止まりそうになる。














Heather Nova : 300 Days At Sea

heathernova-300daysats7nfe.jpg


知らぬ間に出ていた。
自分の中でもはや過去の人化していたヘザーさん。


いやはや、土下座して謝りたい。
すごくいい。ジャケットも好み。それに、ロックしてる。
成熟ロック。




アコギな彼女は神に近いけど、
ロックな彼女もすごくいい! この声は世界の宝です。













Fayray : 白い二月

220068569.jpg

日本のアーティストで、一枚のアルバムを繰り返し聴く、っていう行為は
自分にとって珍しいことなんだけれども、これはその一枚。


で、このアルバムの中に入っているシングルでも何のタイアップも付いていない一曲が、
あまりにも美しすぎて、刹那過ぎて、死ぬまで聴き続けるんだと思う。

歌詞に、メロディー、アレンジ、完璧だった。





今日たまたま、ライブ映像がアップされていたのを発見したので、
貼っておきます。


今は、何をしているのか不明のフェイレイさんですが、
また素敵な作品を首を長くして待ってます。









ついでに、アルバムのラスト。
歌詞がとってもよい。




これはシングル曲。ピアノ名曲。





Pagination

Utility

プロフィール

hirokiyamamoto

Author:hirokiyamamoto
気に入った音楽の記録。
POP,House,Opera,Rock,
Jazz,Countryが好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。