スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の個人的良曲まとめ2012年夏

jacket.jpg








後に振り返ったとき、どんな音楽が当時好きだったのかの記録。




このライブ動画、無茶苦茶いい。
大音量で聴きたい。





ズッキがんばれー。でもみんな大好き。






サックスの音にハマル。






思わず一緒に歌ってしまう。日本人好みなクラブサウンド。








サビに中毒性がある。







男性同士のキスシーンも美しい。





夏にいい風が吹く。





PVもすごくいい。





PVがおもしろすぎる。フフー♪






大好きなナターシャ。
アルバム未収録?






キラカワポップ。歌詞覚えて歌ってる。PVは苦手。







死にたくなるときに聴く。






この曲好き!っていう人、いたら結婚してください。
永遠とリピート。






これも繰り返し繰り返し聴いている。アリシア・キーズ系?
大熱唱すると、なんだか救われるのです。






夢の中へ。現実に戻りたくなくなる。






もうルーマー大好き。






アラビックな夏。これはremixだけど、けっこういい。






テクノポップでロック。
自分でも意外なくらいはまる。





夏祭りの後、これ聴きながら、誰かと一緒に話しながら歩いてキスをしたら、
1000回のキスより美しいものが宿っていそうなんです。(妄想)





100年に一人の声だなんて、本当だったのです。
もはやフィールドがちがう。歌い手、ってこういう人のこと。






岡山のフリーライブにも足を運んだ。
この曲、歌詞、とっても切ないんです。





ゲームについてはよく分からないけど、この曲はとにかく良かった。






たぶん小室さんが作った曲の中で、一番グッときた。今頃になって。
歌詞が。






これも発売時のフリーライブに足を運んだ大切な曲。
夏に聴きたくなるんだなー。










ではまた。
もっといい曲あるでー、っていう方、是非教えてくださいね。



































いのちの歌 : 竹内まりや

61pfGmO3SBL__SL500_AA300_.jpg



ちょっと前に蔦谷さんの中古CDコーナーで見つけた竹内まりやのシングル。



なんでこんなにも彼女の声は、日本人のハートをぎゅっ、と掴むのだろうか。
「わかってるよ、わかってる。」と、肩に優しく手をかけてくれるような暖かさが
彼女の歌にはいつもある。


それに加えて、今回のこの歌の歌詞。

「いのち」について書かれている歌って数多くあると思うのだが、
説得力に欠けるものも多いんじゃないかと思う。歌い手の力量不足というか、
テーマの普遍的で身近だけど、とても壮大なところとか。

だけどそこは竹内まりや。丁寧に紡ぐように唄われているこの歌に、死角は皆無だった。




知らなかったのだが、この曲は竹内まりやが名を変え、
NHK朝のドラマ「だんだん」のために提供したものをこの度、自分で唄っているようで、
ドラマではマナカナちゃんたちが歌っていた?ようだ。

こちらがそのPV。





さらに、多くの小学校や中学校の卒業式でも唄われていたようで、
この曲を知らなかったのは自分だけのよう。なんと恥ずかしいものだが、
いいものはいい。

こうして若い世代にも歌い継がれていく名曲が存在しているだけで、
なぜか幸せになってくるのである。



↓いのちの歌の特別サイト。こちらでプロモーションビデオが少しですが見られます。
 (you-tubeにはなかった)
 いい写真たちに、いい歌。すべてがあたたかった。


 http://wmg.jp/mariya/ 

矢野顕子 : 中央線( Feat. 小田和正)

11980CRZPXL__SL500_AA300_.jpg



はじめてのやのあきこ、から、中央線。


小田和正をフューチャーしているこのバージョンが好きでたまらん。
さすが小田さん。アッコさんに負けてない。



日本史に残る名曲として扱っても十分良いレベル。






The 20 Worst American Idol Auditions of All Time



always my favourite

Pagination

Utility

プロフィール

hirokiyamamoto

Author:hirokiyamamoto
気に入った音楽の記録。
POP,House,Opera,Rock,
Jazz,Countryが好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。