スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Anna Nalick : Wreck Of The Day

album-wreck-of-the-day.jpg

暑くなってくるとすごく聴きたくなる人。
カリフォルニア出身のアンナ・ナリック。


このデビューアルバムは全米ビルボードチャート初登場20位と好成績。
出た当時、彼女はアラニス・モリセットやフィオナ・アップルと比較されていたことを思い出す。


日本でも多くのラジオ局でヘビー・ローテーションになっていて、
いいアーティストが出てきたなぁ!と思っていた。


アルバム自体、聴けば聴くほど良い。
爽やかな1曲目Breatheから、ずっとロックでキャッチー。
だけど一貫してるのは、内省的で、どこか儚げなとこ。ここが彼女の一番の魅力だと思う。
こんな音使いで、こんな声を持っているアーティストって、アメリカにゴロゴロいるように思うんだけど、
なんか彼女は自分の中で一線を引いてしまう。別格。
特にWreck of the day('06)(←これは新装版に収録されている)のバラードの悲痛さには感動する。



2ndアルバムはネット配信のみのようで、実に残念。
実際に聴いてみたが、音作りも少し想像と違い、彼女の声をうまく生かしきれていないように感じた。



個人的名盤。






これもアルバムから。PV。アルバムの中、こんな曲ばっかり。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://ongakubiiki.blog133.fc2.com/tb.php/91-61eb35fa

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

hirokiyamamoto

Author:hirokiyamamoto
気に入った音楽の記録。
POP,House,Opera,Rock,
Jazz,Countryが好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。