スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lucinda WilliamsのCopenhagenはすごく泣ける。

96b58ce5c1d6010499593409608faaf7a044f865.jpg

この寒い時期、必ず聴きたくなる声があって、
それがルシンダ・ウィリアムス。


ジャンルでいえばオルタナ・カントリー(?)らしいのだけどそんなことどうでもよくて、
淡々と歌い上げる声と、泥臭くて普遍的な深いメロディが心にじーんと沁みるんだよなぁ。




このアルバム「Blessed」はジャケットからも静かに幸せを感じられる名作。
きっと100年経っても色褪せない、そんなアルバム。
別に突出した曲などないんだけど、すべて愛せる。彼女のアルバムって、そんなのばっかりで。
個人的には、そんなところがエイミー・マンと同格なのです。





それはそうとこのアルバムからPVが彼女にしては珍しくつくられているのだけど、
そのPVアニメーションがまた切ないので是非見てほしい。すごく。

ぼくはパソコンの前で大泣きした。
切な過ぎる。








スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://ongakubiiki.blog133.fc2.com/tb.php/136-24b1eb77

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

hirokiyamamoto

Author:hirokiyamamoto
気に入った音楽の記録。
POP,House,Opera,Rock,
Jazz,Countryが好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。