スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

James Blake : Lindisfarne (Montreux Jazz Festival 2011 Live)

james-blake1.jpg

去年からJames Blakeが止まらない。
彼の1stアルバムの中で一番繰り返し聴いてしまうのが、「Lindisfarne」。


アルバムでは曲が2つに分かれていて、Part1はそれこそImogen Heapの「Hide&Seek」だったり、
Bon Iverの「Woods」みたいな声だけの神秘的な曲に仕上がっている。(ぼくはこのテの曲に非常に弱い)
Part2ではバックサウンドも加わり、ギターの音色が少し明るい感じ。
2曲を通して聴くと非常に不思議な感覚に陥ることができる。



PVは2曲がまとめられたような状態で発表されている。
テーマは友情だろうか。











そして今回、この曲のライブ音源がむちゃくちゃカッコよかったのでご紹介。




スタジオ音源もすごくいいけど、このライブの空気感がすごい。
2分22秒からPart2が始まるのだけど、彼の声がバックのサウンドと重なるとゾクッとする。
こういうライブを生で味わえた人は本当に幸運だと思う。


個人的な愉しみ方は、電気を消して真夜中の部屋でひとり大ボリュームで聴くこと。
なんだか浄化されるような気分になれる。きっと、美しすぎるから。



ではまた。




スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://ongakubiiki.blog133.fc2.com/tb.php/133-a309a7f2

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

hirokiyamamoto

Author:hirokiyamamoto
気に入った音楽の記録。
POP,House,Opera,Rock,
Jazz,Countryが好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。