スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dreaming Through The Noise : Vienna Teng

album-dreaming-through-the-noise.jpg


秋に聴きたくなるシリーズ2。
台湾系アメリカ人のヴィエナ・テン。


ジャンルでいうと、フォークとポップ。
たぶん、アンナ・ターンハイムとかコリン・メイが好きな人はぐっとくると思う。
(知らない方は、上の二人も是非調べてみてください。とっても良いので。)


でもこのアルバムを聴くと、もっと幅広いジャンルを混ぜ込んだように聴こえる。
それを一貫して纏め上げるのは、彼女の明らかに美しい声。特に高音部分。
か細くも太くもなくて、すごく聴きやすい。知的で洗練されてる優等生の印象を受ける。


実はこのアルバムが出た6年前、大好きなラジオ番組で[Whatever You Want]が流れて、
「あぁ、なんとなくいいじゃないか。」ぐらいにしか彼女を捉えてなかったんだけど、
今日ipodの中に入ってるこのアルバムをたまたま流して聴いてみたら、とっても良かった。
6年間損したなぁ。


1曲目のBlue Caravan、2曲目のWhatever You Want,4曲目のI Don't Feel So Well、
9曲目のNow Threeがとりわけいい。
どの曲も味わい深い佳曲ばかりだった。アレンジが美麗。




暗闇にかすかに灯るろうそくの炎みたいな歌とメロディー。
でもこの炎は強い風が吹いても消えないだろう。






この雰囲気!






盛り上がりがすっごい心地いい。



スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://ongakubiiki.blog133.fc2.com/tb.php/104-72bf2a9d

Comment

このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2014/07/03 13:43

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

hirokiyamamoto

Author:hirokiyamamoto
気に入った音楽の記録。
POP,House,Opera,Rock,
Jazz,Countryが好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。