スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hoizerの「Take Me To Church」が今のロシアの人権侵害を批判している件

takemeto.jpg





ビルボード2位を飾ったアイルランドのお兄さんHozierのアルバム「Hozier」からの一曲が前々から何かと話題です。
曲名は「Take Me To Church」。


下のPVを見てもらえれば分かるのですが、ゲイ男性が集団暴行を受ける内容になっています。
この映像の意図を調べてみると、今のロシアが行っている性的マイノリティに対する差別を批判するためのもののようです。

あまりに悲しいので、あまり見たくないPVではあるのですが、でも目を背けたくない現実と戦っている強い映像なのだと思って、一人でも多くの人に見て感じて欲しいのでこうしてブログにまとめてみました。








ではまた。


スポンサーサイト

Sarah Sleanの「The Devil & the Dove」 が美しすぎる件

fc2blog_20141104131501ddd.jpg



久々に更新します。
最近、音楽はメイン中のメインストリームしか聴いていなかったので大してこの音ブログを更新していなかったのですが、
たまたま今日この曲をYouTubeで聴きまして衝撃を受けたので、今夜はその勢いにのせて書いちゃいます。




まずぼくがサラ・スリーンと出合ったのは多分3,4年前で、この人の音楽性にすごく惚れたのを思い出します。
すんごいダークなんだけど、ものすごくポップなんですよね。
たまに闇の淵に連れていかれそうになるので、”女ナイトメア”なんて一人で呼ばせていただいておりましたが(大変失礼)、一番新しいアルバムは発売当初から今までなぜか無視していたんです。


それが最近になって、この人の音楽がすごくぼくの内側で急にムラムラしてきだして、持っているアルバムとかを聴き直し、そしてその新アルバムの曲をネットでチェックしてたら、この有様です。すっかり中毒。

そして「The Devil & The Dove」という曲。
もうこの曲、めっちゃくっちゃくっちゃ美しいんです。
ぼくが最も良く聴く”鉄壁プレイリスト”に即登録されたほど完璧な出来栄え。




こんな名曲が世間に埋もれているのが本当にもったいないことです。
コーラスワークに壮大なアレンジ、そしてサラ・スリーンの胸が張り裂けそうな高音。



是非多くの人に知ってほしいアーティストであり、曲なのでありました。
ぼくも今日からもっともっと聴き込みます。


Pagination

Utility

プロフィール

hirokiyamamoto

Author:hirokiyamamoto
気に入った音楽の記録。
POP,House,Opera,Rock,
Jazz,Countryが好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。