スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーニング娘。の新曲「時空を超え 宇宙を超え」がとてつもない

モーニング娘。’14-300x300


最近は独特のフォーメーションダンスとEDM路線で、
音楽にうるさい多くのゲイの心を鷲掴みにしているモーニング娘。さん。


4月16日に発売となる新曲バラードのPVがさきほど発表されたのですが、
恐ろしいくらい見事です。アメィジング。








50枚目のシングル「one,two,three」以降同じようなEDMのガツガツしたシングルが続いていたのですが、
(EDM路線に決まったのは49枚目のシングル「恋愛ハンター」以降)
ここに来てピアノの音色が美しいEDMバラードという変化球を投げてきました。

これがすごくすごく新鮮で、満塁ホームランもの。
往年の名曲「I WISH」を彷彿とさせるモーニング娘。ならではな感涙バラードですが、
EDMで仕上げてくるのが今回とてもオモシロいなぁ、と思いました。

さらに衣装の美しさから(色が個人的にとても好き)、メンバーの見事なまでの美しさまで、穴がありません。
(ズッキがぽっちゃりしすぎているが、大好きなのでOK。)



これはもうオリコン1位とらないと絶対おかしいレベルで、
もしこの曲がとれないのなら、日本はどうかしていると思ってしまうレベル。
純粋に曲が良すぎる。

それに去年の紅白だってモーニング娘。が出られなかったのは、ぼくでも「おかしいんじゃないの?」
と感じてしまうほど、最近の彼女たちは恐ろしいくらい時代の最先端をいっています。

世界に誇れる日本のアーティストって一握りだけれど、
今の彼女たちは明らかに世界中に出せると思っています。
それだけ曲に恵まれていて、さらに実力がついてきた。



ちなみにこの曲と両A面で「Password is 0」という曲が入っているので、
こちらのPV公開も間近。auのCMでもお茶の間でたくさん流れているのですが、
ライブ映像を通して聴いてみると無茶苦茶カッコイイ曲だということに気付きます。
楽しみ楽しみー。




それではまた。
スポンサーサイト

最近のImogen Heapが凄いことになっている件。

Imogen-Heap-Sparks.jpg


UKで一番個性的といっても過言ではない大好きすぎるイモージェン・ヒープさん。
3年前くらいから次のアルバム「Sparks」に向けてコツコツと良曲を発表しているのだけど、
最近新しい曲出ないなぁ、と思って調べてみると、スゴイプロジェクトが2つ進行していました。




まず一つ目が「musical gloves」。




そもそもmusical glovesとは何ぞや、というと、
装着し、腕を動かすことで音を奏でられる手袋のこと。(すごい!!!!)

上の紹介ビデオのラストには新曲のビデオも一部公開されています。
(おそらくMe The Machineという曲ですね。)
イミーの体の振動と水が連動しているのでしょうか。
PVめちゃくちゃカッコイイです。

期待大。





そしてそして2つめは「The Listening Chair」プロジェクト。

immi_chair.jpg

この近未来的な椅子が「The Listening Chair」。
一般人に座ってもらい、この中で 「What is the song that still needs to be written?」
(直訳すると「まだ書かれる必要がある曲は何ですか?」)の問いを答え、
イミーにソングライティングのアイディアを与えるというもの。



こんな感じですね。ジョナサンさん。イケメンですね(?)。







そして、そのたくさんのアイディアたちを汲み取っての
メイキング映像が先日ようやく公開されました。




これを見るとPVは洞窟のような小さな場所で彼女の人生を辿っているような感じで、
イミーお得意の声が最大限に活きた曲になっている模様。
前作の「Earth」的な感じだろうか、と個人的に思っております。

これね。



本PVの公開も近いのですごく楽しみであります。
アルバム発表まで目が離せなくなっております。



あっ、あとちなみにですが、以前出た「telemiscommunications」のPVも
とっても面白いので、興味のある方は見てみてください。
世界中のアニメーターとコラボしていて、ひとつのストーリーの中で絵の感触がコロコロと変わります。
淡白な曲の中で、才能がびしびしとぶつかっているのですね。








アルバムは3月発表と予告されていたけど、4月に変わったみたいです。残念。
でも今まで発表されてきた曲たちもリ・アレンジされているみたいなので楽しみすぎます。


ではまた。

パオロ・ヌティーニの新曲がすでにクラシックすぎる。

nutini.jpg

この頃は少し時間に余裕もできて、いろいろな音楽を堪能しているのですが、
その中でもスコットランド出身のパオロ・ヌティーニさんの新作が待ち遠しすぎます。
(どうでもいいが名前が呼びずらい)

まだ20代ながら、最高クラスの渋声を持っておられる彼。
前アルバム2作は全英3位と1位に輝いております。(たしかじゃないけど)

日本でも少しは人気があると思われますが、
彼がデビューした頃はなにかと「あなたは美しい」のジェイムス・ブラントさんが流行っており(大好きだけれども)、
ジェイムスさんと比較されることが多かったパオロさん。
でも個人的には全然違うタイプの歌い手さんだと思うのです。
ジェイムスさんはポップ畑だけど、パオロさんは基本ソウルの界隈の人です。


下の新アルバムからのスタジオライブ映像を見ていただければ、それがわかると思います。






これはもはや色褪せない名曲の域では?
1stアルバムはポップ感が強かったように感じていたのですが、今回の3rdアルバムは
もしかしたら全てポップ感を薄めてアダルティックでソウルフルな歌声が完璧に活きるサウンドワークなのかもしれません。
そういう意味でジョーン・オズボーンに通じる部分があるな、と思いました。



ちなみにぼくの大好きな音楽ライターの内本順一さんだったり、スパイスガールズのメラニーC、
ガールズアラウドのニコラ・ロバーツもこの映像についてツイッターでつぶやいていて、
音楽業界からの彼への熱い視線も感じています。



いやはやとっても楽しみですね。


レイチェル・ヤマガタさんの新曲がいつの間にかこっそり発表されていた件。

Youre Nobody til Somebody Loves You - Single


今朝はいつもどおり5時ごろに目が覚めたので(休みなのに)
久しくしていなかったiTunesの整理をすることにしました。

ずらーっと並ぶアーティスト群をぼーっと眺めていると、やっぱり目に止まったのは
大好きな日独伊三国同盟「レイチェル・ヤマガタさん」でした。



昨年はEpが出たり、かなりグッとくるバラードシングル曲「Spinning In Circles」が
フリーダウンロードできたりと熱狂的ファンとしては本当にありがたやありがたやだったのですが、
調べてみるとiTunesStoreでもう1曲知らぬ間に発表されていました。(教えてくれよレイチェル)


曲名は「You're Nobody 'til Somebody Loves You」。



どうやらこの曲はワイヤレスインターネットサービスのC Spireという会社のCMに使われた曲のようで
(CMのために用意された?)youtubeにもそのCMの映像しかありませんでした。




なんとも爽やかで、ジェイク・シマブクロさんのような陽気さ。
思わず太陽いっぱい浴びたくなりますね。
これは今までになかったレイチェル・ヤマガタです。



さらに曲について調べてみると



ということで、カバー曲だったんですね。スウィンギン。
Dean Martin自体も知らなかったので、勉強になりました。



「もー!言ってよ!」とオカマ口調でPCにこの驚きを伝えましたが、無反応。
動画ではたったの33秒しか聴けなかったので、iTunesでわくわくしながら早速購入しました。

曲自体2分程度の短いものだったのですが、とってもかわいい曲に仕上がっていましたよ。
買って損はないです。(贔屓しすぎでしょうか。)




ちなみに先ほど出てきた「Spinning In Circles」はこれぞレイチェル・ヤマガタ!なので
こちらもおすすめです。







Pagination

Utility

プロフィール

hirokiyamamoto

Author:hirokiyamamoto
気に入った音楽の記録。
POP,House,Opera,Rock,
Jazz,Countryが好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。