スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rachael Yamagata : Heavyweight

Rachael Yamagata_ Heavyweight cover (500x500)



なんなんだこのジャケットは。
なんなんだこのアレンジは。
なんなんだこの声は。
なんなんだこのメロディは。










今年、自分の中で大ヒットしているレイチェル・ヤマガタが新作を発表した。


オフィシャルサイトで音源を$8くらいで購入。
(ポスターやサインが入ったものは$50くらいだった。欲しい。)





今回のEPは6曲全部がマイナー調(かな?)。
彼女の場合、マイナーの振り幅がものすごく広く感じるので、
まったく退屈に聴こえないのがとっても魅力的。





タイトル曲であるHeavyweightは、個人的にも今年聴いた曲の中でもトップクラス。
この曲はメロディがとても秀逸で、数秒の前奏だけで胸が張り裂けそうになる。
涙をこぼしてくれよと言わんばかりの美しさ。







あともうひとつ気に入ったのが、5曲目のNothing Gets By Here。
出だしで、前作のラストを飾った号泣ナンバーDealbreakerを想起させる。
レイチェルのこの手のドラマティックでネガティブバラードは、もう体の隅々の細胞が反応する。









それと今回はもうひとつ。
彼女のオフィシャルページに今、彼女の音源(ほとんど未発表曲?)が無料で手に入るサイトの
リンクが貼ってある。


NoiseTradeというサイトで、すごいのが、いろんなアーティストの曲が全部無料。。。
(応援したい方に寄付もできます。)

http://noisetrade.com/?dc=SdP7m0



とりあえず自分はレイチェル・ヤマガタと
ジャケットを見て気になったEine blumeさん(夫婦デュオ)を早速ダウンロードさせてもらった。

ennå er det håp fru ahlgren 1


アコギとピアノの旋律は、非常に美を感じさせてくれる。
二人のハーモニーは神秘的で、
降り積もっていつまでも溶けない雪みたいな永遠さを感じる音楽。

アルバム一曲目かなりいい。
こちらもおすすめです。


スポンサーサイト

坂本龍一、大貫妙子 : 風の道

Z321001037.jpg


浄化。


日本の音楽界で既に神の領域の二人が組んだUTAU。
悪いわけがない。良い、しかない。




全曲そりゃあいいんだけど(四季とか。大好きな曲。)、
今回一番気に入ってるのが、「風の道」。






"今では他人と呼ばれる二人に
決して譲れぬ生き方があった"



このたった2行の歌詞に心打たれた。
まるで体が浄化されるような気持ちになる。



日本人であることを思い出させてくれる、
日本人であることを大切に思える、
そんなアルバムだと思う。

とにかく、日々の喧騒の中でこそ、このアルバムは輝きを放っている。
それぐらいの浄化性が、教授のピアノと大貫さんの声にはある。


Kristina Train : Dark Black

0602537115877_medium.jpg



待ちに待ったクリスティーナ・トレインの新作を購入。
すべてが自分好みのアーティスト。
1曲1曲がレトロな映画を見ているかのよう。



デビュー・アルバムの前作もすごい良かったけど(特にspilt milkとno man's land)、
個人的に今回も負けないくらいの名曲を2曲投入してくれた。


1曲は、アルバムからの先行曲となったDream Of Me。



レトロで、素敵なくらいドリーミー。
そこに彼女の力強い土臭さの残るボーカルがのると、極上の曲に仕上がる。
程よい高揚感が最高に気持ちよかった。




そして、今回特筆したいのが、アルバムタイトルでもあるDark Black。



まず、歌詞。24歳の心にグッときた。
無茶苦茶切ない。

I remember colors painted in my eyes
私は目の中に描かれた色々を思い出すの

Green was for the springtime, blue the summer skies
緑は春色、青は夏の空

And now the skies have darken, the white clouds turn to grey
そして今空は暗くなって、雲たちは灰色に染まる

What a way to break a heart, you took all the colors away
あぁ、なんて心が壊れてしまう あなたは全部の色を取り去ってしまった

Dark black is the color of my life
暗い黒は私の人生の色

Since you’ve been gone
あなたがいなくなってから

Since you’ve been gone
あなたがいなくなってから

Oh if you come back
あぁ、もしあなたが帰ってきたなら

Make my whole world bright
私のすべては輝きを放つ

Since you’ve been gone
あなたがいなくなってから

Dark black is the color of my life
暗い黒色が私の人生の色なの


次にメロディ。
出だし数秒で、心を持っていかれるようなノスタルジア。
ボビー・ヴィントンのMr.Lonleyや、名曲Moon Riverを彷彿とさせる。
失恋した気持ちに寄り添うような控えめな音たちにも恐縮。


明らかに名曲でしょう。



さらに、彼女のオフィシャルサイトに行くと、なんとDark Blackのよりしっとりしたversionが
聴けます。


http://kristinatrain.com/

(トップページのClick To Continueを押すとそのまま始まります。)

これがまた最高。映画のエンドロールを見ているような気分で、
歌詞と映像が流れる。
これはもう芸術の領域に入ってる。


なんて乙な人なんでしょうか。
自分だけのためにこのアルバムを作ってくれたかのようなツボつきまくり感。




あぁ、大好きすぎる。。




Girls Aloud : Something New

Girls Aloud Something New


時速200Kmで帰ってきたようなイメージ。


イギリスのオーディションで結成されたガールズ・アラウド。


活動休止して以来の新曲は、テンション振り切れるほどの高揚感。
ぶっとばしてて、すごいアガル。
PVもクール。



I just wanna dance!
こんな曲欲しかった!





Pagination

Utility

プロフィール

hirokiyamamoto

Author:hirokiyamamoto
気に入った音楽の記録。
POP,House,Opera,Rock,
Jazz,Countryが好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。