スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Creature I Don't Know : Laura Marling

Marling.jpg



UKから。
1990年生まれの絶対的才能。
ローラ・マーリン。


前作がジョニ・ミッチェルを彷彿とさせて、とっても良かったのだが、
一応最新作(2011年)のこのアルバム。一聴して名盤だと分かる。
アコギが基調とされたバンドサウンドは非常に豊か。
畳み掛けるかのような音の洪水は、非常に高揚感が溢れていて、聴いていて瞳孔が開く。
各々の曲はどれも新鮮で、どれもローラマーリンらしい曲ばかり。

21歳そこらで、こんなに非常に完成されていて、
さらに成長が期待できるアーティストってなかなかいないように思う。

1曲目のThe Museから、おもしろいと思わされ、
3曲目のDon't Aske Me Why。アラビア調のメロディが入り混じり、これも非常に面白い。

個人的に好きなのは後半の流れ。

My Friendsの後半は渦に巻かれながら空へ昇るような印象を受ける。
その後のRest In The Bed。切ないアメリカ南部の音使いが香る佳曲。
こういう音に弱い自分にとって、余計この女性を好きになる要因になっているように思う。

そしてSophia。
これは、すごい。1つの楽曲として、ここまで血が逆流するかのような高揚感はあまりない。

最後のAll My Rage。
もう最高。こうやって終わるのが、なんて幸せなんだろうと思う。





ジャケットから、声、メロディ、音、すべてが好み。
もう好きすぎる。前作も名作!と思ったが、軽く超えてます。なんて女性。










スポンサーサイト

Ren Harvieu - Open Up Your Arms

41lHMWxNDjL__SS500_.jpg



新しく出てくる女性シンガーなんて、そこらかしこにいるんだけど、
この人はそんな彼女たちから一線を画してる。


なんだろう、美しい世界観はキラキラしてて、浮遊感があって、とっても夢見心地。
高音がとっても魅力的。



非常に有望だと思う。



Rachael Yamagata : Dealbreaker

51khqtxvijL__SL500_AA300_.jpg


レイチェル・ヤマガタの3rdアルバム最後の曲が激しく切ない。

前作の内省的なイメージに比べ、このアルバムは突き抜けてるけど、
やっぱり戻ってくるのは、彼女らしい切ないバラード。
胸がはじけ飛ぶんじゃないか、っていうくらい、刹那過ぎて、たまに泣いてしまう。


But all of this means nothing
でも、全部意味を持たないの

Yeah, all of this means nothing
そう、すべてが

All of this means nothing
全部からっぽ

Without you
あなたなしじゃ



このサビだけで、死にたくなる。




Chris Botti : Impressions

1334428497_cover.jpg


ビルボードチャート初登場32位。
トランペット奏者のクリス・ボッティの新作が届いた。




もう上質なんかじゃなくて、極上。


Italiaという前々回ぐらいのアルバムがとても好きなのだが、
今回のアルバムでも嬉しいことにアンドレア・ボチェッリとコラボ。
また、ハービー・ハンコックも参加している。そりゃ悪いわけがないだろう。



既に49歳のおじさんなのだが、見た目が若すぎる。上品すぎる。
こんな大人になってみたいものだと思う。



ということで、6月にある香川公演に参加することにした。
生で彼の音楽に触れるのは、今からとても楽しみである。




↓彼のホームページでインタビューが見られます。Dフォスターさんも彼を絶賛。
(クリスは次の素晴らしい生き神だと言っています。)

http://www.chrisbotti.com/us/video/chris-botti-impressions-epk



アンドレアとの今回のコラボ曲はこちら。もう絶品。




MARINA AND THE DIAMONDS : I AM NOT A ROBOT

marinacover.jpg



ギリシャのシンガーソングライター。
マリーナアンドザダイアモンズ。(一人)



最近、2ndアルバムも出たが、個人的ヘビープレイになっているのが、
1stからのこの曲。


マリーナさんの声って、フローレンス+ザ・マシーンの人と似ている雰囲気があるのだが、
向こうは神っぽくて、こっちは天使と悪魔、という感じ。伝わるだろうか。



とにかく、この曲の中毒性。
最近、頭の中がこの曲ばっかり。



PVはロボットというより、アバターみたいな輝きと不気味さがある。


このThe Crown Jewels Epには、この曲のリミックス(そこそこよい)とアンプラグドも収められているので、
おすすめ。他の曲も良い。



Pagination

Utility

プロフィール

hirokiyamamoto

Author:hirokiyamamoto
気に入った音楽の記録。
POP,House,Opera,Rock,
Jazz,Countryが好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。