スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年の音まとめ / Playlist : Song Collection 2015

kantsubaki201303no1.jpg


お久しぶりです。
ここのところ、ありがたいことに忙しくしていたので、全く更新していませんでしたが、
毎年、その年によく聴いていた曲をまとめる作業は必ずすると決めているので、ついに更新です。
(単純にサボっていた感もありますが)

2015年を振り返ると、ストレスを解消できるような曲をよく聴いていたな、と。
大声で歌ってスッキリできるやつです。

ということで、こちらがラインナップです。(アルバム名が表示されています)

aaaaa.jpg
iiii.jpg
uuuu.jpg


左上から→に向かって曲を順に紹介すると、

・Birdy / Terrible Love
もうこれはね、熱いです。こんなに切なくてメロディアスで破壊的で、でも優しいバラードがあっていいのでしょうか。と思えるような。
何百回リピートしても聴けました。

・Carrie Underwood / Something In The Water
ストレス発散ソング。キャリーさんの力強さががっつり活かされたイケイケソング。一緒に歌い終わったらそりゃもうスッキリ。

・Cat Power / The Greatest
日本にいたとき、ラジオで聴いた覚えがあるこの曲。なぜか2015年になって急にドハマリ。切なさに切なさを重ねたような、それでいて突き放すようなキャット・パワーの淡々とした歌い方。好き。

・Damien Rice / My Favourite Faded Fantasy
普段CDを買わなくなった自分でもDamien RiceのCDはきちんと買っている。なんでかというと、アートワークとか歌詞をちゃんと読みたいから。色んなことを想像させてくれるのですが、この曲が入ったアルバムは名作すぎて。そしてこの曲は破壊的すぎて。

・Diana Krall / If I Take You Home Tonight
カナダの大御所ジャズシンガー、ダイアナクラールさんの新作はカバーアルバム。アレンジ控えめに最高の声が活かされた極上アルバムで、死ぬまで聴けるアルバムに即殿堂入り。そこから切ないバラードを。

・James Blake / Lindisfarne
YouTubeに転がっていた Montreux Jazz Festival 2011 Live の音源が素晴らしぎて感無量。この空気感はハマったら抜け出せないのであります。

・ Jewel / Pretty Faced Fool
ジュエルの新作が知らぬ間に発表されていました。帰ってきた初期ジュエルサウンド。そしてこの曲の切なさったらないです。
こちらも死ぬまで聴きたい曲。最近のジュエルは良いバラードを届けてくれるなぁ。

・Keri Noble / Watch Me Walk
こちらも出たのは大分前なのだけど、飽きずに定期的にリピートしてしまう曲。日本でけっこう名の知られている(?)Keriさんですが、海外ではどうなんだろう。ストレス発散ソング。

・Little Mix / Secret Love Song
去年大ハマリしたバラードがマライアの The Art Of Letting Go だとしたら、今年はリトル・ミックスのこの曲でした。パワーバラード感がそこら辺の一般曲より振り切れてて、これは気持ちいい。

・MIA / Bad Girls
独特の世界観があるMIAが登場。こちらの曲も今回のプレイリストではかなりの異色だけど、好きなモノは好きだからしょうがない。
ハマります。

・Last Party / Mika
定期的にアルバムを出しているMikaですが、あんまりピンとくる曲もなく避けていたのですが、今回のアルバムは見事に初期の楽しさが絶妙にカムバック。そしてHappy Ending と並ぶようなバラードをぶっこんできてくれました。嬉しいなぁ。

・Sam Smith / Lay Me Down (feat. John Legend)
みんなだいすきサムスミス。カラオケでこの曲を歌ったら大失敗。個人的にはシングルのジョン・レジェンドとのコラボバージョンが好き。あと、ジャケットが好き。

・Vein ft. J Balvin, Belinda / Translation
ピロピロの音色と如何にもクラブなアレンジ、そして歌詞が面白くて、なんとなくはまっていった曲。クラブっぽい曲ももちろん好きなのですが、ジャスティン・ビーバーさんを筆頭に最近は似たようなものばっかりでつまらないと思っていたので、この曲がやけに新鮮でした。遊びゴコロ!




という感じで。

2016年はもっと知られていない曲を発掘したいなぁ、と思います。去年も言ってたかと思いますが。。。
あとは、カラオケで歌える曲を増やしたいですね。うふふ。

スポンサーサイト

2014年の音まとめベスト20 / Song Collection of 2014

collectionof2014.jpg



2014年ももう少しで終わってしまいますね。
なんだか今年はとても早く時間が過ぎていったような気がします。


今年はあまり音楽を漁る作業をしなかったためか、巷で人気のものばかり聴いていたような気がします。
それでも、メジャーのものはさすがメジャーだけあって、クオリティーが高いですね。
来年はもっと、人気のないイイ感じのアーティストを発掘していきたいです。



ということで今年の20曲はこの方たちのアルバムより選ばせていただきました。


2014matome11.png
2014matome22.png


Ella Eyraさんが出てきたときにはガツンと来るものがあったし、
元ガールズ・アラウドメンバーのシェリルの新作のジャケットは最高にカッコよかったです。

久しぶりのダミアン・ライスの新作はため息が出るほど完璧な出来で間違いなく今年出たアルバムの中で一番だし、
大好きなイモージェン・ヒープもついに新作アルバムが出ました。

トム・オデール君の才能にはもはや感服ですし、レナード・コーエンの死にそうな歌い方も最高にカッコイイですね。
インディア・アリーも歌の上手さに舌を巻いてしまいます。

ピクシー・ロットの新曲は相変わらずの汚い歌声ポップでツボですし、リトル・ミックスもいい曲もらいますね。
ぜひスパイス・ガールズを目指して欲しい。

カナダのラジオを聴いて好きになったジョン・レジェンド、インディーバンドで最高の高揚感のあるMetric、そしてマルーン5感がすごいRixtonもツボツボツボでした。

ライブに行くことができたサラ・マクラクランとレイチェル・ヤマガタも今年のプレイリストに入れないわけにはいかなかったのでそれぞれお気に入りを。

そしてルーマー。もうほんとカレン・カーペンターの生まれ変わりかと思うほど良いですね。
ステイシー・ケントも相変わらず心地よい作品を出してくれました。

ポールの作品をはじめて聴いたときは平成のビートルズサウンドを感じずにはいられませんでしたし、
ダフ・ステップの歌姫Katy Bは今年かなりリピートさせていただきました。

ヴァネッサ・パラディスはジャケットのアートと曲のオシャレ感がたまらなく印象に残っており、
Samphaはぼくの中で今年一番の期待のアーティストでした。ピアノと歌声だけで魅せられる人。





ということで曲目はコチラ。

2014matome2.png

このプレイリストが欲しい方がおられましたら、コメントを残していただくか、他のSNSなんかでメッセージをいただければmp3でお渡しいたしますのでお気軽に。





ちなみに邦楽でよく聴いたのはハロプロばかりでした。
なんか海外にくると、日本の曲が妙に恋しくなるものですが、今年はハロプロばっかり聴いていたような。


℃-ute 『I miss you』 は、アイドルとかいうどうでもいい枠を外して聴いて欲しい一曲。
JPOPの新しいカタチが見えたような気がしました。




Berryz工房『1億3千万総ダイエット王国』はEDMなんですが、ループ感がすごくてハマッたら一生抜け出せないような曲。
ぼくはもう谷底に突き落とされたような気がしました。飽きることを知らない曲。




スマイレージ 『ミステリーナイト!』は、とりあえずダンスがおもしろかったのと、アレンジがすごくオカマ向きで。
むっちゃくちゃカッコイイんですよね。






2015年も良い曲を見つけられますように。
それではまた。

プレイリスト : カナダのラジオから流れてくる曲のまとめ / Playlist : From Canadian Radio 2014

fromcanadianradio.jpg



カナダの八百屋さんで仕事をしているのですが、そこでは音楽系のラジオがずっと流れています。
流行の曲から、昔の曲まで流してくれるので、洋楽好きの自分としては最高の環境なのですが、
流す曲が毎日同じようなものばっかりなんです。

たとえば、カナディアンアーティストはやはり外せないようで、アラニス・モリセットの1stアルバムから
絶対一日に一曲流れるし、サラ・マクラクランの大ヒット作「surfacing」からいろいろランダムに一曲流れたり
(2ndのInto The Fireが普通に流れてきたときはちょっとびっくりしました。日本じゃありえないから。)、
ネリー・ファータドの爽やか系の曲だったり。

これを毎日のようにやられると嫌でも曲たちが体に染み付くわけで。
「またこれか!」なんて仕事中思うことはしょっちゅうです。仕事しろよっていう話です。



ということで、ぼくが毎日職場で聴いている曲をプレイリストとしてまとめました。
最近の流行曲ばっかりですが、地元カナダのアーティストの曲が多いのも特徴となっております。
(Serena Ryderとか、MAGIC!とか。)


前回まできちんとyoutubeへのリンクを貼っていたのですが、めんどうw
ということで、以下の簡易な感じで、すいません。


(今回登場するアーティストたち)
playlistcanadianradio2.jpg


(曲目)
playlistcanadianradio.jpg



個人的にはやっぱりJohn Legendの「All Of Me」は非常にすばらしいと思っています。
途中でボーカロイドみたいな声が彼の声に重なるのですが、そこがまた良くて。
映画のA.I. みたいな切なさを感じました。

さらにMetricの「Breathing Underwater」はロックであり、ダンスミュージックでもありで、一度で二度美味しいです。
高揚感が非常にあって、一気に突き抜ける感じが見事。大好きになりました。

そしてRixtonの「Me and my broken heart」。これ誰か分からずに聴いたら必ずマルーン5かと思うでしょう。
その正体は英国の若手バンドなのでありました。めちゃくちゃキャッチーでエッジの効いたメロディですごく好きです。




そんな感じで、どの曲も良いです。
これ一枚でカナダで受け入れられている曲の大体が分かると思います。


聴いてみたいという方はコメントなり、何なりで連絡をくださいませ。


ではまた。

秋のコンピレーション対決2014。今回のテーマは、堕落。

fallofgrace.jpg


今年もついに秋ですね。早いものです。

毎年秋になると他の音楽好きの方たちと張り合って(?)
秋を感じることのできるコンピレーションをつくっているのですが、
今回は「とある秋の夜に、胸の内にいる悶々としたものとたまには同調して、そのまま堕落してみよっかな?」的な
コンピにしてみました。文字にするとよく分からないのですが、聴けば多分分かります。
落ち込みに落ち込んでしまう秋の夜長、一度くらいないですか?(ないですか。)
そういうときに落ち込み具合をどん底までにするコンピでございますー。



1.Solitude - Theme / 坂本龍一(Album : Tony Takitani)
世界があと数秒で終わるかのようなメロディ。

2.Cut The World / Antony & The Johnsons(Album : Cut the World)
秋と冬によく聴きたくなるアントニーさん。

3.Awen /Rua (Album : ?)
絶望的な美しさ。

4.Crying for No Reason /Katy B(Album : Little Red)
光が見えないところがいい。

5.Last Exit To Eden / Amanda Marshall (Album : Amanda Marshall)
昔からなんとなくこの曲が忘れられない。

6.The Art of Letting Go / Mariah Carey(Album : The Art of Letting Go - Single)
自転車めっちゃ漕ぎながら何度も繰り返し歌った記憶が。

7.Hero / Kate Earl (Album : Fate Is The Hunter)
歌詞がやけに印象に残る歌。

8.My Favourite Faded Fantasy / Damien Rice (Album : My Favourite Faded Fantasy)
今年はダミアン・ライスが新しいアルバムを出すということで、その先行シングルを。

9.Giving Up Everything / Natalie Merchant (Album : Natalie Merchant)
ナタリー・マーチャントのアルバムも出ましたよね。毎回地味ながらスルメ。

10.Never Is A Promise / Fiona Apple (Album : Tidal)
この世でもっとも美しいバラードのひとつだと思っている。

11.You're Still Here / Faith Hill(Album : Cry)
フェイス・ヒルの極上刹那バラードをここで投入。

12.Eliot / Sarah Slean (Album : Night Bugs)
闇にのまれてしまいそうになるサラ・スリーンの音楽。

13.Why Don't You Call Me / James Blake(Album : James Blake)
最後は生霊(とてもいい意味で)みたいなコレで。






トータルで56分ほどになりました。
聴いてみたいという方はメッセージをくださいませ。

ではまた。

プレイリスト「Vancouver Summer 2014」

grapefruitRUBY0712no1.jpg


こんにちは。
バンクーバーもすっかり夏です。
日中晴れると暑いし(雨だと寒い)、でも朝夜は普通に寒かったり。
なかなか体調管理が難しいと感じています。

今日はそんなバンクーバーの夏っぽさをプレイリストにしてみました。
晴れの日の気温の流れに沿ってセレクトしてみました。
少しでもバンクーバーの気候が音楽を通して伝わればいいのですが。。



1.Breathe (2 AM) / Anna Nalick (Album : Wreck of the Day )
まずは深夜からスタート。この曲はぼくが高校3年生のときに出合った思い出のある曲。

2.Momento / Bebel Gilberto (Album : Momento)
ブラジルの風を夜中に届けます。部屋の中を涼しい風が通り過ぎていくイメージ。とっても心地よい曲ですね。

3.Pop Radio / ANNA (Album : Pop Radio) (※YouTubeで見つからなかった)
昔たまに朝5時くらいにむくっと起きてラジオを聴いていたので、この曲をチョイス。出だしが好きなんだよなぁ。

4.Love Love Love / Tristan Prettyman (Album : Twentythree)
女性版ジャック・ジョンソンといわれたプリティマンさんの曲を。朝6時くらいのイメージ。気持ちのよい朝です。

5.On My Way /Giovanca (Album : Subway Silence)
朝7時。朝食を軽く摂ってスキップでおでかけしたくなる曲です。

6. You Are My Sunshine/ Norman Blake (Album : O Brother, Where Art Thou?)
サウンドトラックからトラディショナルな曲をチョイス。朝8時の暑くも寒くもない感覚でしょうか。

7. The Sun the Trees/ Russian Red (Album : Fuerteventura)
朝10時。太陽が降り注ぐ中、木陰で休憩するときのイメージソング。

8. I've Got Your Number, Son/She & Him (Album : Volume 3)
12時。コーラスワークがビーチ・ボーイズみたいなんですよね。だから夏!

9.Show Me The Right Way / Annabel Fay (Album : Show Me The Right Way)
午後1時。この頃になるとほんとに暑いです。汗かいても気持ちが明るくなるような曲です。

10.Hyperventilating /Tami Chynn (Album : Out of Many-One)
午後2時。もう暑さを楽しむかのようにこのホットホットな曲で踊ります。

11.El Nin-Yo /Tata Young (Album : On The Top: The Ultimate Collection)
タイ版ブリトニースピアーズとも呼ばれたタタ・ヤンさん。バカっぽさとセクシーさが夏を盛り上げます。

12. Fire With Fire/ Scissor Sisters(Album : Night Work)
バンクーバーの夜は9時ごろまですごく明るいです。炎と一緒に踊るように夏を楽しめるこの曲を。

13.One-Trick Pony / Nelly Furtado (Album : Folklore)
夜10時。 日も暮れてちょっと肌寒くなってきた頃。でも心はまだわくわくなのであります。アレンジがおもしろい曲です。

14.The Heart Of The Matter / India.Arie (Album : Testimony: Vol. 1, Life & Relationship)
夜11時。眠る準備を。この曲の終わりのあたり、ものすごく好きなんです。最高にかっこいいです。

15.The Ice Hotel / Stacey Kent (Album : Breakfast on the Morning Tram)
深夜0時。おやすみなさいソング。ひんやりした雰囲気が心地よいのでした。





ということで、ちょうど1時間ぐらいになっております。

もし音源が欲しいという方がいらっしゃいましたら、コメントを残すか直接メッセージをくださいませー。
mp3でお渡しします。


それではまた。

Pagination

Utility

プロフィール

hirokiyamamoto

Author:hirokiyamamoto
気に入った音楽の記録。
POP,House,Opera,Rock,
Jazz,Countryが好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。