スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナタリーマーチャントの「Lulu」が滅茶苦茶すばらしい。/ Natalie Merchant 「Lulu」

natalie-merchant-lulu-thumbnail-900x470.jpg


去年新作「Natalie Merchant」が久しぶりに出たナタリー・マーチャントさん。

ぼくはリード曲だった「#6 Giving Up Everything」ばっかり聴いていたのですが、最近になってふとこの「Lulu」という曲を聴いたら衝撃だったのです。この曲は調べてみればサイレント映画のスター、ルイーズ・ブルックスのことを歌っているとのことで、MVも彼女の映像が使われていました。Luluとは彼女が主演した映画「パンドラの箱」での役名のことだったんですね。

一曲の中に人の一生の中にあるドラマが全部表現されているような巧みに作られたメロディー。それをさらに感動的にしたシンプルだけど濃厚な”これぞナタリー・マーチャント”的なアレンジ。
後半の盛り上がりといい、曲ラストの悲しさと暖かさはなんと表現すればよいのか分からないのだけど、ただただスゴイです。

歌詞も気になったので、テキトーで間違いがあると思いますが、訳してみました。


They said that Hollywood was
彼らはハリウッドは

never gonna be the same without you,
あなたなしではもう同じにはならないだろうと言った

still, you’re gone.
それでも、あなたは逝ってしまった

How could we forget that face
どうやったら私たちはその顔を忘れることができるでしょうか

and all that silver, flickering grace
銀色に輝いた、キラキラしてた優美さが

that died with the silent age?
沈黙の時代と一緒に死んだの?

When everybody knew your name;
みんながあなたの名前を知ったとき

they all knew your name.
彼らはみんなあなたの名前を知ったの

Born wild like a prairie flower,
草原に咲く花のように生まれ

she was sown by the wind and blown for miles.
彼女は何マイルもに吹く風によって種を蒔かれた

Kansas couldn’t keep the child.
カンザスはその子を守ってあげることができなかった

Hell-bound for the Great White Way,
グレートホワイトウェイのために地獄とつながり

for the tawdry-bawdy burlesque stage
安っぽくて下品なバーレスクのステージのために

and Wichita was miles and miles away.
そしてウィチタは遠くに遠く

Everybody knew your name.
みんなあなたの名前を知った

Everybody knew your name,
みんなあなたの名前を知った

they knew your name.
彼らはあなたの名前を知ったの

So you burned the candle,
だからあなたはキャンドルに火を灯し

burned it at both ends.
それが終わるまで火を焚いた

So love ends in scandal.
愛はスキャンダルで終わり

You burned it brief; you burned it bright.
あなたはそれをすばやく、輝くように燃やした

And the light in your immortal eyes
そしてあなた不滅の目の中のその光は

is the light that will never die.
消えることはないでしょう

Christened in straight-up gin,
ジンの洗礼を受け

Pandora was born in Weimar Berlin
「パンドラの箱」はワイマールベルリンで生まれた

and that was the rise before the fall!
そしてそれは落ちる前に昇ったの!

Everybody sat in the dark, dark, black as night.
みんな夜の暗闇の中に座ったわ

Everybody wanted to go where the light was so bright
みんなその光がとっても輝いているところに行きたかったの

and your shining face was gonna lead the way.
そしてあなたの輝く顔が道をつくってくれた

Homecoming like a heroine-bride
ヒロインの花嫁のように家に帰る

but the honeymoon was over before you arrived
でもハネムーンはあなたが家に着く前に終わりを告げた

and now they all cursed your name.
そして今彼らはあなたの名前を呪った

Everybody cursed your name.
みんなあなたの名前を呪ったの

Cold winds of Gotham howled
ゴッサムの冷たい風が吠え

and the princess pawned her celluloid crown
そして王女は彼女のセルロイドの冠を質に入たの

in the glass castle walls.
ガラスの城の壁の中に

Where nobody knew your name.
誰もあなたの名前を知らないところ

Nobody knew your name.
だれもあなたの名前を知らないの







映画を今度観てみる予定です。あらすじも面白そうでしたし、傑作とたとえられていたので。
なによりナタリーが曲にするほどですから、めちゃくちゃ良いのでしょう。


(youtubeに転がってました)



今年に入って聴いてきた音楽の中で、今のところ一番衝撃を受けた作品となりました。
こういう楽曲が世の中できちんと評価される時代になればいいなぁ。

ではまた。


スポンサーサイト

モーニング娘。の新曲「時空を超え 宇宙を超え」がとてつもない

モーニング娘。’14-300x300


最近は独特のフォーメーションダンスとEDM路線で、
音楽にうるさい多くのゲイの心を鷲掴みにしているモーニング娘。さん。


4月16日に発売となる新曲バラードのPVがさきほど発表されたのですが、
恐ろしいくらい見事です。アメィジング。








50枚目のシングル「one,two,three」以降同じようなEDMのガツガツしたシングルが続いていたのですが、
(EDM路線に決まったのは49枚目のシングル「恋愛ハンター」以降)
ここに来てピアノの音色が美しいEDMバラードという変化球を投げてきました。

これがすごくすごく新鮮で、満塁ホームランもの。
往年の名曲「I WISH」を彷彿とさせるモーニング娘。ならではな感涙バラードですが、
EDMで仕上げてくるのが今回とてもオモシロいなぁ、と思いました。

さらに衣装の美しさから(色が個人的にとても好き)、メンバーの見事なまでの美しさまで、穴がありません。
(ズッキがぽっちゃりしすぎているが、大好きなのでOK。)



これはもうオリコン1位とらないと絶対おかしいレベルで、
もしこの曲がとれないのなら、日本はどうかしていると思ってしまうレベル。
純粋に曲が良すぎる。

それに去年の紅白だってモーニング娘。が出られなかったのは、ぼくでも「おかしいんじゃないの?」
と感じてしまうほど、最近の彼女たちは恐ろしいくらい時代の最先端をいっています。

世界に誇れる日本のアーティストって一握りだけれど、
今の彼女たちは明らかに世界中に出せると思っています。
それだけ曲に恵まれていて、さらに実力がついてきた。



ちなみにこの曲と両A面で「Password is 0」という曲が入っているので、
こちらのPV公開も間近。auのCMでもお茶の間でたくさん流れているのですが、
ライブ映像を通して聴いてみると無茶苦茶カッコイイ曲だということに気付きます。
楽しみ楽しみー。




それではまた。

ニーナ・ネスビットはエイミー・マクドナルド meets KTタンストール plus ピクシー・ロットみたいな人。

wpid-NinaNesbitt-artwork-Peroxide-Deluxe.jpg

今回は大衆受けする人を紹介。


ガールズ・ポップといえば、大人気のアヴリルさんを筆頭(?)に音楽の趣味がいいミシェル・ブランチさん、
どこへ行ったのかスカイ・スイートナムさん、さらにどこへ行ったのかわからないケイティ・ローズさん、
地道に活動を続けるバンドのリリックスさん、最近ヒットを飛ばしたガブリエル・エイピンさんなどが
まず思い浮かぶのですが、新しいスターが誕生しました。


スコットランド出身の19歳、Nina Nesbitt(ニーナ・ネスビットさん)です。
個人的にはこの人、エイミー・マクドナルドよりハスキーじゃない声と、KTタンストールさんよりロックでない声と、
ピクシー・ロットのキラキラした可愛いところをミックスしたような人です。(訳が分からないw)
要するに単純にポップだということ。テイラー・スウィフトみたいな単純さ。


彼女を知ったのは半年前(?)くらいに「stay out」というEPがイギリスのチャートに入っていたこと。
アコースティックPOPという感じで、その明るさとキュートさ、キャッチーさはさながら若者のアンセムのような響きがありました。
声が若干かすれながらも、愛らしさがいっぱいあって、26歳のおっさんが「これはこれは。」と早速EPをダウンロードしたものでした。気持ち悪いですね。



そして今回、ファーストアルバムが完成したのですが、
まずジャケットがいいですね。意志のある目、早熟な唇(何言ってんだ)、
そして美しく流れるホワイトグレーの髪。
エミルー・ハリスのStumble Into Graceを思い出してしまいました。
(エミルーの美しさにはニーナさんまったく及びませんが)



アルバムには前述した「stay out」(いい曲です)も収録されていますが、
昨年ぼくの中でかなり流行ったアイルランドのバンドKodalineをフューチャーした美しいバラード「Hold You」も
収録されています。こちらもなかなかいい感じに仕上がっているのでおすすめ。

そしてそしてぼくが一番惹かれたのがキャッチーでかわいくてロックでポップな一曲「Mr C」です。
エイミー・マクドナルドの「This Is The Life」を彷彿とさせるかっこよさがあります。
1回聴いただけで覚えられるメロディワークもたまらなく爽やか。
思わず一緒に歌っちゃうサビがいいですね。エクスキューズミーミスターシー♪



ということでニーナさんの最大の魅力はその若々しさ、フレッシュさが顕著に出る大衆受けする楽曲にあるのではないかと思いました。
今後どのように成長されるのかとても楽しみでもありますが、この若々しさをまだまだ届けて欲しいものであります。
でも個人的にはもっとロックに偏っていってほしい気もしたりもしました。













Lucinda WilliamsのCopenhagenはすごく泣ける。

96b58ce5c1d6010499593409608faaf7a044f865.jpg

この寒い時期、必ず聴きたくなる声があって、
それがルシンダ・ウィリアムス。


ジャンルでいえばオルタナ・カントリー(?)らしいのだけどそんなことどうでもよくて、
淡々と歌い上げる声と、泥臭くて普遍的な深いメロディが心にじーんと沁みるんだよなぁ。




このアルバム「Blessed」はジャケットからも静かに幸せを感じられる名作。
きっと100年経っても色褪せない、そんなアルバム。
別に突出した曲などないんだけど、すべて愛せる。彼女のアルバムって、そんなのばっかりで。
個人的には、そんなところがエイミー・マンと同格なのです。





それはそうとこのアルバムからPVが彼女にしては珍しくつくられているのだけど、
そのPVアニメーションがまた切ないので是非見てほしい。すごく。

ぼくはパソコンの前で大泣きした。
切な過ぎる。








Katy B : 5AM

Katy-B-5am-.jpg


UKのダブステップの歌姫、Katy Bの新作に非常にハマっている。


Katy Bを最初に知ったのは、ツイッターでぼくの大好きなニコラ・ロバーツ(Girls Aloud)とリトル・ブーツの2人が
「Katy Bの5AM、この曲やばいわ。」みたいにつぶやいていたのを見て興味が沸いたから。

そのときはただ興味が沸いただけで、曲も聴かなかったのだが、
それからUKのリアーナプロデュースのファッション番組「Styled To Rock」を見ていたら、
たまたま彼女がゲスト出演していて「クールだけどプリティで、カッコいい人だな。」と思ったわけで。
それからやっとのことで音楽を聴いてみると、想像以上にカッコよかったわけで!


そもそもダブステップとかガレージなんてどんな音楽をしているのかよく分からないのだが、
彼女の音楽は超ポップだしビートが気持ちよくて、音作りが非常に楽しい。
「え!こんな音使うの?!」みたいな。ダブステップってみんなこんな感じの音楽なんだろうか。
そしてそしてキャッチーなメロディに大衆受けする声とルックス。これは流行らないわけがない。




今年2月には2ndアルバムが出るみたいで、先日から先行として「5AM」と「Crying For No Reason」のMVが
解禁になっている。どちらも本当に素晴らしい。
PV的には個人的に後者がすごくカッコよく仕上がっていると思うので、ぜひ見て欲しい。






中毒的トラック。




1分14秒からたまらない。



ちなみにDiploがかかわっているLight As A Featherもイイ感じです。
どれもクラブで聴きたい。

ではまた。


Pagination

Utility

プロフィール

hirokiyamamoto

Author:hirokiyamamoto
気に入った音楽の記録。
POP,House,Opera,Rock,
Jazz,Countryが好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。