スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年の音まとめ

musiccollection2013.jpg


明けましておめでとうございます。
2013年自分にとって重要だった曲たちのまとめ。



1.Alex Hepburn / Under (Album : Together Alone)
 イギリスの女性ボーカルが今年も熱かった。
ヘップバーンさんは名前にもあるとおり、歌声が灰になるくらい燃えていて印象深かった。

2.Bethel Music / Come To Me (Album : The Loft Sessions) 
 崇拝音楽。PVの空気がすごく良くて何度も繰り返し見た。自分もあそこにいられたらどんなに気持ちいいことか。

3.Happier Than Me / Cereus Bright (Album : Happier Than Me- Single)
誰も知らない系。曲の掠れた空気感と砂が舞っているようなリリックビデオがドツボ。メチャクチャカッコイイです。

4.Daniel Bedingfield / Show Me The Real You(Album : Second First Impression)
ダニエルベディングフィールドの2ndアルバムで一番好きな曲をリピート。出だしのドガドガ感と歌詞が印象的だった。
[Can we make a second first impression, baby ?]

5.Emilia Mitiku / You're Not Right For Me(Album : I Belong To You)
ヴィンテージ・シンガー。2013年一番よく聴いたバラードのひとつ。それくらいこの映画みたいな曲が好き。

6.Girls Aloud / Beautiful 'Cause You Love Me(Album : Ten)
イギリスのポップグループ、ガールズ・アラウドの最後のバラード。何度も何度も合わせてひとりで歌った。
ぼくが一番好きなニコラ・ロバーツがメインボーカルなのも好印象。今年は彼女たちの歌にすごく助けられた。

7.Nicola Roberts / Lucky Day(Album : Cinderella's Eyes)
 そんなニコラのソロが2013年自分の中で大ヒット。アルバムはもうめちゃくちゃ聴いた。
 すごくポップな世界で、ファッションと音楽の融合具合が妙に新しかった。パンツ見えとるぞ。

8.Gloria Estefan / Wepa(Album : Miss Little Havana)
ラテンの女王グロリア・エステファン。これはクラブを意識した踊れるアルバムでめちゃくちゃ楽しかった。
シャキーラもいいけど、やっぱりグロリア、安定してます。

9.Kelly Clarkson / Wrapped In Red (Album : Wrapped In Red )
ケリー嬢のクリスマスアルバムから。すごく歌い易い曲で、12月31日なぜかこれを並木道を歩きながら歌い叫んでいた。
誰もがハッピーになれる曲。

10.Meja / Carring You (Album : )
クレモンティーヌのアニメカバーあたりから最近海外アーティストのアニメカバーが増えているけど、
メイヤのカバーも良かった。ラピュタの曲がこうもロックでカッコよくなるとは。これはこれでアリ。

11. A Moonlight Serenade / Rasmus Faber(Alubm : Platina Jazz)
ということで、またまたアニメ。セーラムーンのテーマ曲をあのラスマス・フェイバーがジャズカバー。ずるいほどカッコイイ。
PVもとても楽しめる内容になっていた。

12. The Reach / Miranda Lee Richards (Album : The Reach)
秋と冬はミランダ・リー・リチャーズの季節。今年1曲届いた新曲が途方もなく素晴らしい。
ヒンヤリしててあったかいんだから不思議。

13.Priyanka Chopra / Exotic ft. Pitbull(Album : Exotic - Single )
たしかミス・ユニバースのプリヤンカさん。美貌が存分に楽しめるPVに流行の音。流行らないわけがない。
気分をあげたいときよく聴いた。インドっぽい音を絡ませてくるから素敵。

14. James Blake / Why Don't You Call Me(Album : James Blake)
今年一番衝撃だったジェイムスくん。アルバムが本当に素晴らしく、そしてこの曲は今年一番の刹那さだった。
リピートせずにいられない。孤独に寄り添う曲。






ここの他にも以前紹介しているKristina TrainやMariah Careyのバラードも最高によかったし、
昨年に引き続きJennifer HudsonのSpotlightなんかも頻繁に聴いていた。
2013年はアルバム単位じゃなくて、好きな曲を繰り返し繰り返し聴くような年だったように思うので、
2014年は幅を広げられるような感じで音楽を楽しみたい。





あ、「この曲欲しい!」みたいなのがありましたら、声をかけてください。
MP3で良ければ。



2014年もいい曲たちに出会えますように。

スポンサーサイト

最近印象に残った音楽まとめ / 19.06.2013


すっかり岡山も梅雨らしくなってきました。
最近気に入った曲たちを記し残しておきます。



デミさんの新曲。
非常にポップでキャッチー。しっかりクラブも意識したパワーソング。
良いです。






大好きなダニエル・ベディングフィールドの新曲はカバー(?)
ちょっと昔っぽいロックバラード。力強さとそのせつなさが毎度ながらぼくの大好きな感じ。
歌詞も覚えやすくてさっそく歌っている。





英国版テイラースウィフト?みたいなイメージがある。
この曲はとってもプリティーで爽やか。
特に中盤にある「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド♪」
気に入ってます。





アンドロメダ姫の青木さん。いろいろ突っ込みたくなるけど、
特に歌詞。こんな歌詞が書ける人、この人以外にいない。よく言えば、唯一無為の存在。
途中の宇宙人(?)の台詞なんて素晴らしすぎる。

↓そんな彼女。過去にデビュー曲?のCMが残っていた。

好きにならずにいられない安っぽさ。






ぼくがたぶん高校生の頃、ラジオで聴いて好きになった曲。
最近までアーティスト名も曲名も分からなくて、でも聴きたくてネット上で探していたら、
なんとか発見できた。
UKらしいガレージ・ロック。
普段あまりこういうのを聴かないけど、なんでかこれはすごい好き。





人気はそんなにないんだろうけど。
クリスチャンポップのサラさん。
ピアノの音がすごく気持ちよくて。まだ霧も晴れていない涼しい朝みたいな雰囲気がある。
このMiracleっていう曲が入ったアルバムはとても素敵だった。
声も非常に◎。ドラマティックでもある。




ちょっと古いけど、ニーナ・ゴードン。
クラブアーティスト(?)みたいに思えるジャケット写真のアルバムに入っているこの一曲はカバー。
アレンジが優しいロックで、大分前から気に入っているんだけど、
ここ最近この曲な気分が多くて、繰り返し聴いている。
歌詞がやっぱりいい。

もちろんアルバムの中にあるTonight And The Rest Of My Lifeも変わらず好き。(古っ!)

これね。




こちらも古いけど。
日本で1stアルバムが人気だったガールズ・ロック・バンド。
疾走感と荒々しさが好きで、飽きずに聴けている。
PVはイメージとちょっと違う感じ。ぼく的にはこの曲はもっとダーク。
みんなで踊る感じではない。





最後はこの前アルバムが出たローラ・マーリン。
いやはや、名盤しか出さない人だと再認識。
もうすぐジョニ・ミッチェルにも追いつけるんじゃないかと思ってしまう。
ローラさんお得意の悪魔系(と勝手に呼んでいる)の曲が今回も登場。
明らかにぼく好みでございます。




ということで。
最近はあまりいい曲に出合えなくて、ちょっと欲求不満気味。
誰か良い曲をもっと教えてください。



ではまた。







最近印象に残った音楽まとめ / 05.05.2013

最近印象に残った音楽のまとめ。記録。





カナダ出身のサラ・スリーン。目がすごく印象的な美人さん。
この人の声が大好きで、いつもSound Of Waterというダークな面の曲を好んで聴いていたのだけれど、
中世ヨーロッパ音楽(?)みたいな雰囲気がすごい出てる[The Baroness Redecorates]っていう
アルバムもすごくいい。



このParasolという曲がアルバムの中で一番好き。
普通のPOPに飽きてる人にいいと思う。










待ちに待っていたカーラが帰ってきていたことを最近知った。
もう最高すぎる。この喜びを共有できる人がいないのが残念だけど、公務を終え戻ってきてくれたことが嬉しい。



さすが元ファーストレディーの風格。











声に惚れているホリー。
南部の香りたっぷり。最新アルバム1曲目。







鉱物系ダンスチューン。
岡山のナイトに行ったとき、DQの方がこの曲で踊っていて「うわー、いい曲。」と思って、
家に帰ってすぐ探した曲。
アギレラっぽい太い声質も魅力。








相変わらずのクオリティ。単純にいい。








最近ハロプロからデビューしたグループがどんなものかチェックしてみたら、
サックスのビートが効いたルーマニアポップみたいな感じでまんまとハマッた。
紫の子の将来性。


すぐに出た2曲目のシングル。踊りは歌舞伎がテーマ?
黄色の子とオレンジの子がなぜか前作より一気にかわいく見える。





マイアミ感が◎。元プッシーキャットドールズで魅力を放っていたキンバリーが参加している。
クラブで聴きたい。





アルバム通して繰り返し繰り返し聴いているロリーン。新しいPVが届いた。映画みたい。
他のアルバム曲もものすごく良いので、全曲PVつくってシングル化してもいいと思っている。






元デッド・ディスコのリトルブーツのアルバムがもうすぐ出る。
前作よりかなり混沌としている印象だけど、そこがもう楽しみで。
動画再生回数が少ないのが心配。







元スパイス・ガールズのエマ。37kwさんが教えてくれた曲。(ありがとうございます)
PVもどっちかというとゲイ向き?
お洒落な感じがすごく気に入っている。





前も書いたけど何もかも完璧で、恐ろしい曲。
繰り返し聴きたくなる。






ここ最近一番リピート。
後半がものすごくいい。ものすごく。
自転車漕ぎながら歌うとすごく気持ちがいい。






ではまた。

















最近印象に残った音楽まとめ


早いもので3月も終わり。

音楽を記録としてまとめます。
今月もいい音にであえて感謝。






White Flagのころから大好きなダイド。新曲がまるでジョン・レノンのImagineみたいだった。
シンプルなメッセージにシンプルなサウンドがすごく心地よい。








上のNo Freedomにはまってから、ダイドのCDを聴きなおしていたらこれにも
とてもはまってしまった。
昔はWhite Flag派だったんだけど、こっちもすごくいい。







女性シンガーソングライターが好きな人におすすめのjj hellerさん。
新曲が出た。
この人の持っているふんわりとした雰囲気は好きだ。






そしてヘラーさんのなかでも最高にいいのがこの「ボート・ソング」。
PVの彼女は本当に音楽を愛しているんだろうなぁ、という感じ。
とってもかわいい。







音楽ライターの内本順一さんがおすすめしていたローラ・マヴーラさん。
イモージェン・ヒープを思い出させる多重録音だったり、アフリカの大地を想起するサウンド、声が、
まったくといって新しかった。





去年大ヒットしたラナ・デル・レイ。
こういう暗くて若干吐きそうになるような曲がよくお似合いで。
最近よく聴きたくなった。






先日解散発表があったガールズ・アラウド。
最後にこういう素敵なバラードを残していってくれてありがと。
みんなミューズにみえる。






大好きなプッシーキャットドールズのニコール。
PVの訳のわからなさがいい。

ちなみに他のプッシーの皆さんも頑張って活動されている(?)ようで、
ジェシカ・スッタさんの新曲が今年出たり(前出てクラブチャート1位だったなんとなくクドいShow Meも
単純にノレて好き。)
ハイトーン・ヴォイスのメロディさんもアルバムを完成させていたりと、
それぞれの活動を楽しみにしている。






曲もいいけど、映画みたいなPVもいい。悲しいパワーロックバラード。
トラヴィス的繊細さが気に入っている。





最後は大大大大大大大大大大好きなシェリル・クロウの新曲!!!
前作はメンフィスブルースだったけど、今回はカントリー。
シェリルのことなので、コッテコテの土臭さになるかもしれないと思っていたが、
ちゃんとロックらしいところを残してくれているようで安心した。
The First Cut Is The Deepestなんか好きな人は絶対はまると思う。

どんなシェリルでも大好き。
アルバムも期待大。



ではまた。

最近印象に残った音楽まとめ

記録として。




ノスタルジックで、やさしくて、泣きたくなる。しっとりしすぎている音使いに、とろとろになる。
ここ最近で一番のヒット。




個人的、ネクスト・ルーファスウェインライト。この焦燥感!





ポップでキュート。この空中を漂っているかのようなふんわり感は、はちとりならでは。






ジュエルのこの前出たベストから。ケリー・クラークソンが参加したことで、ロック色アップ。
より自分好みになっていた。





ピコピコ感がたまらん。





グラミー中継を見ていて、たまたま知った曲。PVも面白い。もう彼女もすっかり大御所。





しっかりオーガニックで、それでいて魂のあるキュートボイス。
コリーヌ・ベイリー・レイとかインディア・アリー好きにはビッグヒット。






S&Gのカバー。めちゃくちゃ好みのフォーク。彼女の高音はすごく気持ちよくさせてくれる。
満足感を与えてくれる声。
ちなみに彼女のオフィシャルサイトから無料ダウンロードできる。






最初から最後までドヤ顔だったのが印象大で、思わず唸った。
曲的にも面白い。日本では無名中の無名?





ズッキがどんどん筋肉マンの敵キャラに出てきそうで、期待している。(彼女の潜在能力に)





映画は見たことないんだけど、たまたまCDを買ったらすごい良かった。
ここ数ヶ月ヘビーローテーション。





歌詞がすごいよくて。「あたまをとめて」っていうとこが個人的にすごい良い。
辛いとき、大声で歌いたくなる。


Pagination

Utility

プロフィール

hirokiyamamoto

Author:hirokiyamamoto
気に入った音楽の記録。
POP,House,Opera,Rock,
Jazz,Countryが好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。